So-net無料ブログ作成

進撃2 第34話「開口」戦士と兵士の間で [進撃の巨人]

 エレン奪還に巨大樹の森へと馬を走らせる調査兵団。

 ハンジの仮説通り、そこにはエレンたち4人の姿が。しかし、ライナー、ベルトルト、ユミル、エレンというメンツでは雰囲気は思いきり険悪。
 険悪だけど、巨大樹の下には巨人がウヨウヨいて、傷を治し、体力を回復させるためにはそこから動けない。
 猪突猛進のエレンにしては珍しく頭使ってます(笑)

 そんな時、ライナーの様子に奇妙な変化が。やれ昨日から働きづめだとか、昇格したいとか、いきなり普通の兵士みたいなことを言いだし、さらに、
「(クリスタは)どう見ても俺に気があるよな」
 いや、ライナー、それは絶対にないテレビの前の多くの視聴者が、そうツッコミを入れたはず。
 相手が君だろうがベルトルトだろうがコニーだろうが、クリスタは同じように献身的に傷の手当てをしたでしょう。

 あげく、「何怒ってんだよ、エレン? 俺が何かまずいこと言ったか?」

 無理矢理かっさらっておいて、このセリフはいったい何???

 そう、兵士として生きてきた歳月と罪悪感のためか、ライナーは人類絶滅をもくろむ巨人である「戦士」と、壁と人類を守ろうとする「兵士」の二つに心が引き裂かれてしまったのでした。

 だから「兵士」の時のライナーは、本当に仲間を大切にしていたんだと思う。

 だけど「戦士」のライナーはこの上なく冷酷で。
 ネタバレになるので多くは語れませんが、アニがマルコの立体起動装置を持っていたのは偶然拾ったわけじゃない。マルコはあの3人に……。
 
 相棒が二重人格になってしまったベルトルトも辛かっただろうな。

 でもやっぱり一番悲惨なのは、信頼していた仲間に裏切られ、命を落としたマルコだよ~!

 一筋縄ではいかないユミルは、クリスタのためにライナーたちと手を結ぶのか?

 予想より早く追いついてくる調査兵団に、動揺するライナーとベルトルト。
 いまだ捕らわれの身のエレン姫の運命はどうなる~!?


タグ:進撃の巨人
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る